札幌市清田区の竹内歯科医院のインプラントを知るサイトでは、安心で、早い、インプラントをご紹介

インプラントって?

インプラントって?

1ピースタイプはオペが1回で完了するため、2回法に比べ治療期間のみならず、患者さんの精神的な負担も軽減します。

歯根部の再結晶化HAコーティングによる早期の骨結合、支台部の表面研磨と歯肉接着生体高親和性処理による歯肉との高い生体親和性の実現は、補綴物装着までの期間を大幅に短縮、早期に安定した咬合回復が可能です。 

オペ時間の短縮で、先生の負担を軽 減するとともに、患者さんの精神的・物理的負担も軽減します。

パーシャルデンテャーの治療と比べてインプラント治療のデメリットはOpeが必要なこと 通常治癒期間が3~6ヵ月必要であり治療期間が長くかかる。保険が効かなく費用がかかる。 などの点が大きなものだと思います。

当院で主力となっているインプラントは左に示す、1ピース1回法のインプラントで(株)アドバンス製AQBインプラントです。

さらにAQBインプラントはハイドロキシアパタイトを再結晶化させてコーティングしてあるため、骨との治癒・安定が非常に早く、2ヵ月で上部構造の装着が可能であり他のインプラントに比べて優れている。

再結晶化ハイドロキシアパタイトとは
AQBインプラントはリン酸三カルシウムを出発原料とし、溶射法により薄膜コーティングした後、水熱処理法によりハイドロキシアパタイトに変換する製法で、インプラントの表面に針状または六角柱状のハイドロキシアパタイトの微結晶が形成されています。
このようにAQB インプラントはハイドロキシアパタイトを直接コーティングした物に比べ、化学的、物理的により安定なコーティング層に成っており、質の高いものです。

powered by Quick Homepage Maker 4.53
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional