札幌市清田区の竹内歯科医院のインプラントを知るサイトでは、安心で、早い、インプラントをご紹介

他の治療法との比較

他の治療法との比較

インプラント以外の治療法(ブリッジ、入れ歯)との比較

⑴インプラントと入れ歯の違い

インプラントと入れ歯を比較すると、主に3つの異なる違いがあります。

①違和感がない

インプラントは入れ歯のような、歯ぐきを圧迫する、異物感がまったくありません。
インプラントは、顎の骨と直接つながっています。入れ歯は、主に歯ぐきで支えているからです。
インプラントは、取り外す必要もなく、自分の歯と同じように噛めるので、インプラントが、口の中にあることすら、忘れてしまうほどです。

第2の永久歯。ほとんど自分の歯のようです

②よく噛めて、痛くない

入れ歯は、構造上、痛みを感じやすい歯茎が、直接噛む力を支えているため、自然の歯の20%~30%程度しか噛むことが、できません。

直接骨に固定するインプラントなら、自然の歯に匹敵する力で、しっかりと噛むことができます。

インプラントがしっかり噛める理由

画像の説明

③周りの歯にやさしい

部分入れ歯は、固定を補助するために、健康な歯にバネをかけて使用します。

そのため、健康な歯に負担がかかったり、バネにプラークがたまりやすいなどの欠点があります。

よって、プラークコントロールがされていても、バネをかけて歯がダメになることが、あります。
インプラントは、骨にしっかりと固定されるため、周りの歯に対して、悪影響を与えません。

部分入れ歯の2つの危険性

画像の説明

インプラントとブリッジの違い

①健康な歯を削らない

これは、非常に重要なことです。
ブリッジは、どうしても歯を削る必要があります。
歯は、構造上、外側にエナメル質という固い部分で覆われています。
エナメル質は非常に硬く、ダイヤモンドを含む器具でなければ削れません。このエナメル質が歯を外敵から守っていて、大事な役割をはたしているのです。このエナメル質を失ってしまうと、歯はめっぽう弱くなります。そのため歯を削る事は出来るだけ最小限にしたいものです。
土台の歯を削る必要のあるブリッジ
インプラントなら土台の歯が不要

②周りの歯に負担がかからない・とっても長持ち

ブリッジの土台となる歯には、過大な力がかかり、折れてしまうこともあります。
また、土台の周辺は、汚れやすく、プラークがたまり、虫歯、歯周病の原因にもなります。

画像の説明



a:1161 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 4.53
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional